永久脱毛はクリニックの医療脱毛のことを言います。脱毛サロンは永久脱毛ではありません。確実に脱毛したい方におすすめのクリニックをご紹介しています。

サロンは永久脱毛じゃない!本当の永久脱毛の値段と効果を徹底調査

雑誌やテレビなどのメディアのCMに必ずあるのが脱毛であり、永久脱毛をしたい!と考える女性は少なくありません。
ですが案外知られていないのが脱毛と永久脱毛の違いになります。
脱毛エステサロンでの脱毛は厳密には永久脱毛ではありません。
脱毛は大きく二つに分かれており、永久脱毛と反永久脱毛になります。
脱毛エステサロンで行う脱毛は半永久のカテゴリーになるので
完全に発毛しないということはありません。永久脱毛は医療行為であり一般的には美容外科などで行うものであり、毛穴一つ一つに脱毛行為を施すことが多いので、永久脱毛のかたちになります脱毛エステサロンと医院での脱毛に最も大きな差が出てくるのは「医療行為」かどうかになります。

詳しくは日本医学脱毛協会で。

医療脱毛を行うには資格・免許が必要となりますが、脱毛エステサロンで行っているフラッシュ脱毛器械を扱う際にはそういった免許は不要です。

簡単に言い換えれば、ミュゼやシースリー、エタラビなどの脱毛エステサロンの脱毛は誰もでき、家庭用の脱毛器具などでも可能な仕上がりと言い換えることもできます。
永久脱毛ができるのは、湘南美容外科などが有名です。

フラッシュ脱毛も、毛根に刺激を与えますが、人によっては毛周期を遅らせる形になるだけで脱毛ができない場合もあります。

永久脱毛は医療行為であり、脱毛エステサロンなどよりも確実に脱毛ができ、毛穴の一つ一つに脱毛行為を施すことが多く、毛根の毛幹部などを破壊することで発毛システム自体を壊していきます。

これにより永久脱毛になり、一度脱毛した部分からン発毛はほぼ見られないことが一般的です。

では、医療脱毛とはどんなものなのか説明したいと思います。

医療脱毛にもさまざまな種類がある

医療脱毛といってもたくさんの種類があります。
よく耳にするのは「医療脱毛は痛みが大きい」という点ではないでしょうか?

これは主に医療脱毛の中のニードル脱毛に対する感想といえます。
医療脱毛には大きく分けて「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」の二種類ありまして、
脱毛エステサロンなどで使うのは「フラッシュ脱毛」であり、医療脱毛としてはあまり用いられることがありません。

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛は簡単に説明すると、毛穴の一つ一つに針を刺ししていき、脱毛する行為になります。
一つずつへの施術であり最も確実に永久脱毛が可能です。医療脱毛のベーシックなものといってもいいでしょう。ニードル脱毛は色素の濃さ薄さや産毛などでもしっかりと脱毛できるので確実性が大きなものです。

近年までの主流の医療脱毛であり、脱毛はいたいという認識を作ったのもこのニードル脱毛が大きな面を占めています。

効果は確実なのですが痛みと時間がかかるということもあり最近ではだいぶ少なくはなってきました。ニードル脱毛は最近では女性よりも、男性のひげなどに適応されることが多く、医療脱毛の中はやはり確固たるものといてもいいでしょう。
男性のひげなどはフラッシュやレーザーで取り切れないものや、体質などでレーザー脱毛の効果が薄いことも多く、女性の脱毛よりも太く濃い毛を脱毛するという面に関してもニードル脱毛は確実だという証明でもあり、実際に現在でも痛くてもしっかりと脱毛したいという人はニードルを選ぶことも少なくはありません。

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛には種類がありますが日本国内で多いのは「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ロングパルスレーザー」の三種類になります。

アレキサンドライトレーザーは、黒い色素に反応するレーザーになります。
無駄毛のメラニンだけではなく、自己処理などでできてしまった黒ずみやVIOなどの色素沈着の多い部分を脱毛しながら色素を薄くしていく効果があります。

毛根自体を破壊して永久脱毛にしていくのですが、痛みはニードル脱毛ほどではありません。

ですが、脱毛エステサロンの脱毛でも痛みを感じこともあり、同じ痛みを感じるものや脱毛エステサロンでもある程度高額なサロンなども多く、医療脱毛が同じ金額になるならば医療レーザーが効果があるといっていいでしょう。

アレキサンドライトレーザーで取り切れない部分などにはダイオードレーザーが適応されます。

この二つのレーザーを使い分けながら脱毛したい部分を細かく射出していくことで永久脱毛のシステムを作っていきます。

ロングパルスレーザーはアレキサンドライトレーザーなどの痛みにどうしても耐えられないひとや日焼けなどでメラニンが多い人でも効果を得られるものであり、医療技術の進歩で脱毛にも適応されるようになりました。

脱毛サロンでよく使用されているIPL脱毛について説明すると
医療脱毛のレーザーよりも毛根に対する効果は少なく、回数を多く重ねなければいけません。ですがIPL脱毛は痛みが少ないという面と医師免許なども必要ないというメリットもあります。

医療脱毛とエステの脱毛の違い

医療脱毛と脱毛エステサロンの脱毛の違いは「効果」「時間」「費用」になります。
それぞれ一つづつ説明していきましょう。

永久脱毛の効果があるのは?

脱毛エステサロンの多くは【初回無料】【初回割引】などが多く、そのあとにコースを契約します。

ほぼ1~2年で脱毛を行っていきますが、工程が終わっても実際のところ発毛することも多く産毛まで取り切れるということはなかなかありません。医療脱毛は産毛までほぼ取り切れることと、器具自体が医師免許を必要とするものであり脱毛エステサロンのものと全く違うという面にあります。

痛みはどちらも実際のところはほとんど同じくらいのものであり効果の面からも医療脱毛のほうがお勧めといっていいでしょう。

永久脱毛までの時間はどのくらいかかるのか?

脱毛エステサロンの多くは長期間の時間を要します。
2年以上なども珍しくはなく中には数年通っているという人もいます。
サロンの中には納得いくまで何度でも脱毛可能というところもありますが多くのサロンは回数と部位での脱毛になります。

脇6回?ひざ下6回でXX円といった具合が多く、ほかのパーツを脱毛したいときはまた追加で金額を加算していくことになります。
結果的に時間もかかるのと効果も思うように得られないということが多く、満足出来ているかなどのアンケートで医療脱毛のほうに指示が出てくる理由がここにもあります。

医療脱毛は基本的に1年以内のものが多く、一回目の脱毛でもしっかりと効果を感じることができます。
同じ1年通っても医療脱毛ではほぼ全身が完了してることも多く、時間も費用も大幅にカットできる結果になります。

期間も時間も圧倒的に短く終わるのが医療脱毛といっていいでしょう。

永久脱毛の費用は

脱毛エステサロンと医療脱毛で人気が高いのが「VIO脱毛」になります。
この二つを比べてみることにしましょう。

医療脱毛でのVIO脱毛は一般的に5万円前後が多く、これよりも安い場合もあります。
時間もほぼ半年6回でおわることがほとんどであり、1年通えほぼ完了することがほとんどです。
また、1回いくらいう組み方もできるので自分の中でこれくらいで満足かな?という部分で止めることや、逆にもう少しだけ追加で脱毛したい場合でも追加で脱毛ができます。

脱毛エステサロンの場合はVIO脱毛は他の部分よりも圧倒的に高額になります。
5万円よりも多いことも珍しくはなく期間も年以上はかかります。

VIOは他の部分よりも毛が太いことと、色素沈着なども多く思うように脱毛エステサロンのフラッシュ脱毛で効果が得られないことも多く、回数を終えても満足できずに追加料金を払うことも珍しくはありません。

医療脱毛よりも高額になることも多く、結果的に途中から医療脱毛に切り替える人も少なくはありません。

VIOコースなども最近はクリニックでも取り入れてあることがほとんどでありどこまでの脱毛が希望なのかを決めることができるのは、料金面でコストカットにもつながります。

医療脱毛の痛みは?

VIO脱毛は無痛ということはありません。これは下着などの摩擦により色素沈着が起きる部分であることと、毛根自体がほかのぶぶんよりも
太いことにあります。
レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も基本てぃいはメラニン色素に反応させていきます。
VIO脱毛の際はこのメラニン色素が
ほかの個所よりも多く痛みはどちらも同じくらいといってもいいでしょう。同じ痛みならば確実な効果と時間も短く終わる医療脱毛のほうがVIO
の支持が多いのも納得できるかと思います。

レーザー脱毛はフラッシュよりも圧倒的に高い効果があり、できるだけ早く終えたいか所としても医療脱毛がおすすめになります。

脱毛後の肌質も変わってくるのでVIOは医療機関に頼む人も多いです。

医療脱毛のメリットの一つがメラニンの分解であり、セルフケアでの黒ずみや摩擦などによる色素沈着も医療レーザーでかなり軽減させることができます。

VIOは下着などの摩擦が多い部分なのでできるだけ色を薄くしたいという人がほとんどです。
脱毛しながら同時にメラニンを一緒に分解してくれるので
医療脱毛は完了するころに肌の色や肌質なども大きく変化していることがほとんどです。

特にVIOなどは水着などをきたさいにもメラニンをどれだけ薄くできているかもクオリティの一つといえます。
脱毛エステサロンのフラッシュでは
脱毛もですがメラニンの分解量が少ないので脱毛完了後にも黒ずみなどが残った状態ということも多いです。

イりょだうつもうは毛穴そのものを小さく吸うる効果もあるので肌のきめなども変わってきます。

【なぜ脱毛エステサロンの脱毛は永久脱毛ではないのか?】

脱毛エステサロンの脱毛のカウンセリングなどでもおおいのが「永久に近い脱毛です」という説明がほとんどだと思います。

これはフラッシュ脱毛では完全に脱毛しきれない肌質や毛質の人が多いのと医療行為ではなので永久脱毛と名乗ることができないからです。

フラッシュ脱毛は毛根まで届かない場合も多く、回数を重ねていき毛を細くしていったり、部分的に効果は出るものの産毛などの色素のうすい毛には反応がないことも多く希望の脱毛になるまでの時間や金額が高額になることも少なくはありません。

また、脱毛エステサロンの脱毛はいいかえれば誰でもできることになり仕上がりが市販のフラッシュ脱毛器具でも出せるようになってきたことと、VIOなどはやってないサロンもあり、脇以外での希望の仕上がりが難しいということもあります。

特にしっかりと脱毛したいVIOやひざラインなどへの効果はフラッシュでは対応しにくく、平面に対しては効果がある程度出せるフラッシュ脱毛ですが、VIOやフェイスラインなどでは光をしっかりとあてることができなくなり医療脱毛のレーザーなどよりも仕上がりに満足が得られないという結果になりがちです。

フラッシュ脱毛は痛みは少ないですが、中には12回通っても半分も脱毛効果が出なかったという人もおり、ほかのサロンや医療機関への移動を余儀なくされることも多いです。

永久脱毛でないので「半永久脱毛」という表現や「お手入れの回数が減ります」という表現になります。

レーザーと光の量と強さが圧倒的に違うこともありますが毛根が生きている限り毛周期を遅らせることができても発毛自体を抑えることはできなので脱毛エステサロンの脱毛はあまりお勧めできないという結果になってしまいます。

フラッシュの効果を上げるために光の量をあげていけば
痛みは当然ですが増加します。

これによってやけどなどのトラブルもあり効果も少なくダメージだけが出たという口コミがあるのはこのためです。

おなじ痛みでも医療レーザーはしっかりと脱毛できることもあり脱毛エステサロンのフラッシュが不要という考えにもなってしまいます。

医療機関以外での脱毛は永久脱毛を名乗ることができないので脱毛エステサロンのものはほぼ永久脱毛などのあいまいなものが多いことに気付くかもしれません。

これは医療機関で使用するレーザーは医師免許がないと使用できないものであり、脱毛エステサロンでは絵師免許はおろか専門の免許などもなく、常にスタッフを募集していることなどからも誰にでも扱えるものだということがわかります。

担当の人によって仕上がりなども大きく変わってしまい、クオリティの低い脱毛なども珍しくはありません。行ってしまえば店長クラスからアルバイトまざっているのが脱毛エステサロンの脱毛であり、医療機関のような厳しい審査などもないのが現状です。

医療脱毛は医師もですが、従事する看護師も免許が必要です。

どちらが専門知識をもっているのか、どちらがしっかりと対応ししてくれるかは明白だといえますね。

医療脱毛がおすすめの理由

医療機関の脱毛はニードル脱毛もレーザー脱毛もどちらも短時間で効果をしっかりと得ることができます。

これはどちらも共通して毛根の細胞自体を破壊していくので一度施術をした部分からの発毛がなくなります。

これを毛周期を見ながら繰り返していくので3回で95%ほどの箇所が脱毛を完了できます。
また、レーザー脱毛はメラニン色素に対する反応がフラッシュよりも圧倒的に大きく、産毛などもしっかりと脱毛できます。

VIO脱毛に関しても色素沈着を分解しながらしっかりと毛根に対する脱毛ができるので一回でも効果を感じることができ、施術が完了するころには肌の色自体の変化や自己処理などでできた黒ずみなども消えていることが多く、脱毛だけではなく肌質自体も変化してくるというメリットがあります。

医療脱毛のネックに【痛み】を挙げる人もおおいですが、実際の痛みはどんなものかというとVIOに関しては医療脱毛のほうが痛みが少ないと意見が多く、効果も確実な分人気が高くなっています。

レーザーは凹凸のある部分であっても円形に射出していくので反応事態に変化がないですが、フラッシュは平面に対する効果が大きいので色素沈着が多く凹凸の多いVIOなどでは効果が出にくいということになります。

ひざなどの円形の突出にもレーザー脱毛はきちんと射出できるので短時間で効果を実感できます。

医療脱毛の場合は脇なども一回3~5分程度で終わるのことがほとんどであり、予約などで時間の管理もしやすい面があります。

痛みも現在ではだいぶ緩和されており、痛みに弱い人用のレーザーの適応なども選択できます。
脱毛エステサロンのフラッシュも痛みはある程度あり、しっかりとした脱毛をしたい場合は照射をあげていくことになり、医療脱毛と痛みが変わらないのに効果がそれよりも低いという結果になってしまいます。

医師免許を持っているといことは大きな安心感にもつながりますし、肌に対するスペシャリストなのでもし万が一何かのトラブルがあった場合でもすぐに対応や適切なケアをしてもらえることも医療脱毛のメリットといえます。

脱毛エステサロンなどでもこのトラブルは非常に多く、専用の医療機関との提携などを規約に挙げていることも多いですが実際にトラブルがおきてから医療機関に行くまでの経過や状況説明などがほとんどできないことも多く、年々医療脱毛が増えているというのも納得できることになりますね。

医療脱毛のメリット

医療脱毛は実は案外安価で終わることが多いということです。
これが予定していた回数よりも少ない回数え脱毛を終えることができることも多く、その分の差額を返金やほかの個所の脱毛に変更することも可能です。

医師のカウンセリングなので自分の皮膚や体質がどんなものなのかの説明や、脱毛後の諸注意なども納得いくまで説明してもらえるのと、脱毛後に感じる不安などもしっかりとケアしてもらえます。

脱毛前後のお手入れの仕方もなぜそれが必要なのかも順番を踏んで説明してもらえるので万が一肌のトラブルが起きた時でもすぐに対応してもらえるのでケアも最小限にすることができます。

また、一回いくら、という都度払いできるので必要最低限の金額で脱毛することもできます。

脱毛エステサロンでも脱毛はほくろのある部分などには基本的にできないのですが医療機関はほくろの部分にもしっかりと脱毛できます。

中にはほくろが隆起していぼ状になっているけれどもここをしっかりと脱毛したいという希望の人もおり、医療レーザーならば凹凸やほくろも安心して脱毛できるので希望の仕上がりが期待できます。

ほかにもメラニン色素の分解力が大きく、脱毛するだけでも美肌効果を得ることができます。
メラニン色素の分解力は医療レーザーの効果が非常に大きく、肌のきめなども変わってきます。

フェイスラインなどの脱毛の際には美白効果も一緒に得ることができ、毛穴の引き締めなども可能です。

美容外科でも脱毛は脱毛後のスキンケアもしっかりとしており脱毛しながら肌トラブルなどの解消も同時に行えることもあり、医療脱毛で顔を脱毛を行うひとも増えてきており、年々脱毛エステサロンよりもはじめから医療脱毛を選ぶ人も増えてきているという数字もあります。

医療脱毛の注意点

医療脱毛も脱毛サロンの脱毛も注意点はある程度共通のものがあります。
自己処理などの注意事項はしっかりと守ることで効果をより引き出すことができるので、間違った自己処理はしないようにしておきましょう。

基本的なルールを守るだけで脱毛の効果は大きく上がります。

できるだけ短時間で永久脱毛を完了させるためにもセルフケアの諸注意は守っておいたほうがいいでしょう。難しいものはほとんどありません。

毛周期とは

脱毛の際には毛周期の説明が入ります。
脱毛はこの毛周期に合わせて行うものであり、1か月に一回施術し、次回にまた生えてきたところを
脱毛していきます。

毛周期を狂わせる行為としてはセルフ脱毛になるので、毛抜きなどは使用できません。脱毛前も同様でありカウンセリング時に、脱毛に合わせたセルフケアの仕方を教えてもらえるのでこれを守るようにしておきましょう。一回目の施術後のあとのセルフケアは驚くほど楽になるので実際に我慢が必要なのは初回施術の前のセルフケア、2回目までのセルフケア位といってもいいでしょう。毛周期を狂わせないことが大事です。

脱毛前の自己処理

毛周期を狂わせないセルフケアとして最もメジャーなものはかみそりでの除毛になります。
除毛クリームなどもありますが、かみそりでの
セルフケアの提案のほうが多いと思います。
これは除毛クリームなどは見えない傷を多く作ってしまう可能性があるからです。
除毛クリームは
医薬部外品ですが薬品であることは間違いなく、肌に長時間つけることで肌組織そのものを痛めてしまうことも珍しくはありません。
除毛クリームや脱色クリームなどの薬品で肌痛めたりメラニンの量を変化させるものよりも、表面だけをカットできるカミソリがおすすめになるのも
納得できると思います。
セルフケアの際にも毛の流れに沿ってかみそりをを使用することになり、逆から沿って深くする必要はありません。
深剃りは肌の表面をこそげとってしまう可能性もあり、肌を痛めてしてしまいます。
化粧水などのスキンケアまでは必要ありませんが、肌組織を
傷つけるようなセルフケアはやめておきましょう。脱毛クリームなどで毛穴の奥までしみこむなどの記述のあるものは脱毛前には絶対に使用しては
いけません。確実な効果を得るためにも薬剤系は使用せずにかみそりでの除毛にしてきましょう。つい毛抜きを使ってしまいたい気持ちはありますが
毛抜きが肌をえぐることも珍しくはなく、その結果脱毛の期間がくるってしまうことあるのでかみそりで我慢することが大事になります。

VIO脱毛の際のセルフケアも同じです。
毛の流れに沿ってやっていくことになります。
この際にも一般的なお顔そり用のかみそりよりも
伝道のシェーバーなどのほうがどの部分を処理するにも肌を痛めにくいので脱毛の際には家電量販店などで一つ購入してくといいかもしれません。
VIO脱毛前のセルフケアは医療機関でやってくれることもあるのでカウンセリングの際にセルフケアが必要なのかどうかも聞いておきましょう。

日焼けには注意

レーザー脱毛はメラニンに反応します。
肌が焼けている場合は当然そこにも反応します。
脱毛前はできるだけ日焼けなどは避けておくことはもちろん、
脱毛後も日焼けは控えておきましょう。脱毛直後の肌はひじょうにデリケートな状態なので紫外線などを避けておくことがおすすめになります。

うっかり日焼けしてしまった場合はその日のセルフケアを控えるようにしたりけしょすいなどで肌への保水をしておくようにしましょう。
基本的にはできるだけ日焼けはしない方向が望ましいです。

日焼け止めなどを使用した場合もできるだけしっかりと落としてから施術を受けることが望ましく、自身がないときは施術前に日焼け止めを前日に
使用したことなどを担当の医師に一言説明しておきましょう。特にフェイス脱毛の際には大事なことになり、日焼け止めや日焼け止めファンデーションなどの
一部に鉱物などが使用してある場合もあり肌質などが変わっていることもあるので万全の態勢にしておくためにも自己申告はしっかりとしておきましょう。

脱毛前の入浴は

脱毛前日の入浴などは特に問題はないですが、あまりに色素の濃い入浴剤やバスボムなどは使用を控えておくほうがいいかもしれません。
特にバスボムなどは目に見えない残留物があることが多く、毛根や色素沈着以外にもレーザーが反応してしまう可能性もあるので、入浴剤などは
使用しないほうがいいでしょう。脱毛前日はじっくりとした入浴よりも軽い入浴程度にとどめておくか、心配な時はシャワーなどにしておきましょう。
脱毛後の入浴はそれぞれの医療機関で異なることがありますが、基本的には入浴は控えてシャワーなどのほうがいいでしょう。
これは脱毛後の肌はデリケートな状態なのと毛穴に対する刺激を避けるためです。
入浴で雑菌などが入る可能性もまったくなとは言い切れないので
どの部分を脱毛したとしても当日は入浴はひかえたほうがいいでしょう。脱毛後の入浴は施術後に説明してもらえることが多いですが
気になるときは施術前に聞いても問題はありません。

占い相互リンク集 究極のHPリンク-相互body お寺供養相互リンク集 千葉の整体院のご紹介です。 お寺行事相互リンク集 インプラントHPプロ 会津のホームページ(Webサイト)リンク集